LH−Rアナログ薬

 LH-Rアナログ薬は、ホルモンを使って前立腺がんを治療する内分泌療法の一つです。このLH−Rアナログ薬は性腺刺激ホルモンの分泌を抑えることで、がん細胞の増殖に必要な血中のテストステロンを抑えます。
 治療方法はLH−RHアナログ薬を数ヶ月に1度注射を行い、LH−RHアナログ薬による副作用はほとんど見られないのが特徴です。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


に関する記事です。

前立腺肥大症の症状や治療トップ

カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .