無症候性蛋白尿

 無症候性蛋白尿(無症候性たんぱく尿)とは蛋白尿のことで、尿中にタンパク質が検出されることを言います。一般的に尿蛋白の上限は一日150mgであるといわれており、それ以上だと尿蛋白だといわれます。
 尿蛋白が発見された場合は一時的なものか判断するため、もう一度尿検査を行い、沈渣も行います。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .