尿路造影

 尿路造影検査とは尿道や膀胱に造影剤を注入して、X線撮影を行う検査のことで、前立腺肥大症や尿道狭窄、膀胱腫瘍、膀胱炎、膀胱尿道逆流などの診断に用いられます。
 尿路造影検査には尿道造影と膀胱造影の2種類があります。尿道造影は造影剤を注射器で尿道口から注入し、撮影が行われます。膀胱造影はカテーテルを使用して、膀胱へ造影剤を注入します。
 一般的にこの検査より、患者さんの負担が軽い超音波検査やCTが用いられるようになっています。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .