急性前立腺炎

 急性前立腺炎はブドウ球菌、大腸菌、結核菌などの細菌が、前立腺に感染することで引き起こされる病気です。急性前立腺炎の感染経路は、主に細菌が尿道から進入して前立腺に感染するというケースが多いです。
 急性前立腺炎の症状は40度以上の高熱に突然襲われ、倦怠感、悪寒、排尿時の痛み、残尿感、頻尿などが挙げられます。ひどい場合は尿閉を引き起こす危険性があります。主な治療方法は抗生物質の投与です。なお、40歳以上の中高年が発症しやすい傾向にあります。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .