骨シンチグラフィー

 骨シンチグラフィーは、前立腺がんが骨に転移していないか確認するときに行われます。骨シンチグラフィーとは、放射性物質を使ってガンマカメラで骨の状態を撮影します。この放射性物質は、がん巣に集まる性質を持つため、がんがある場合は骨の画像に黒い影が見えます。
 なお、骨シンチグラフィーだけでは骨にがんが転移したという確定診断はできませんので、その他の検査方法とあわせて診断されます。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .