血液検査

 前立腺の検査で基本的な検査の一つに血液検査があります。血液検査といっても様々な検査項目がありますが、前立腺の病気を診断する場合は特に腫瘍マーカーという検査項目を見ます。
 腫瘍マーカーとは、腫瘍ができたら作り出される特有のタンパク質のことを言います。このタンパク質は腫瘍ができた部位によって成分が異なるために、成分を調べることで腫瘍ができた部位を特定することができます。
 さて、前立腺の場合は、PSPと呼ばれる腫瘍マーカー(タンパク質)が前立腺がんの診断に使われます。前立腺がんの場合はPSPの数値が高くなるからです。なお、前立腺がんのほかにも前立腺肥大症や急性前立炎の場合も数値が上昇します。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .