尿道ステント留置法

 尿道ステント留置法とは、ステントと呼ばれる筒を尿道部分に留置固定し、尿道を確保して排尿障害を改善する方法です。尿道ステント留置法は、前立腺が肥大して尿道が圧迫され、尿道が狭くなった部位にステントを設置します。
 ステントの材質はプラスチックや金属でできているため、どうしてもステントを尿道に留置固定すると異物感や違和感を感じるようです。それと感染症などを防ぐために、数ヶ月〜数年で交換が必要となります。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .