尿道バルーン拡張法

 尿道バルーン拡張法とは、先端に風船が付いたカテーテルを患者さんの尿道に挿入し、尿道内で風船(バルーン)を膨らませることで尿道を拡張させる治療法です。尿道バルーン拡張法では、尿道内で風船を膨らませることで、尿道が直径2.5cm程まで拡張されます。
 尿道バルーン拡張法の欠点は、前立腺肥大症の根本を治療するのではないため、時間が経過すると元に戻る可能性があります。しかし、尿道の圧迫が軽減されて排尿障害を治療することができます。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .