温熱療法

 温熱療法は、マイクロ波や超音波などで前立腺を50度以上の温熱で温め、治療する方法です。具体的には尿道からカテーテルを挿入します。カテーテルの先にはプローブといわれるマイクロ波や超音波といった前立腺を温めるための装置がついており、これを前立腺に当てることで、患部を温めます。
 患者さんに対して負担が軽い治療法で副作用もほとんどありませんが、温熱療法では治療をやめると半年〜3年ぐらいの間で症状が元に戻ってしまいます。これは前立腺肥大症の根本を治療するわけではないからです。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .