抗アンドロゲン剤:前立腺肥大症の治療薬

 抗アンドロゲン剤とは男性ホルモンの働きをコントロールする薬です。前立腺肥大症と男性ホルモンの関係は密接な繋がりを持っているため、抗アンドロゲン剤で男性ホルモンの働きをコントロールして治療します。
 抗アンドロゲン剤では、前立腺の腫瘍自体が縮小するということが大きな特徴です。α1ブロッカーでは腫瘍は縮小しません。その代わり、抗アンドロゲン剤の治療は半年以上の治療期間が必要であり、副作用としてインポテンスや血栓が起こる可能性があります。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .