膀胱内圧検査

 膀胱内圧検査とは、尿道から膀胱までカテーテルを挿入して、そこから膀胱内に水あるいは炭酸ガスを流し込み、膀胱の内圧状態を調べる検査です。
 少量の水あるいは炭酸ガスを注入して膀胱の収縮が見られた場合、排尿障害であることがわかります。膀胱内圧検査は、前立腺肥大症の後半の診断やその他にも神経因性膀胱の診断にも用いられます。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .