膀胱刺激期:前立腺肥大症の進行状況

 膀胱刺激期とはギイヨンの分類の第1期にあたります。この時期は前立腺が肥大し始める時期で、軽度に膀胱や尿道を刺激、圧迫します。夜中の排尿の回数が増えるのが特徴です。この時期では、まだ排尿は正常な状態とほとんど変わらず、残尿感はほとんどありません。
 その他、自覚症状としては下腹部の不快感、尿の勢いが弱くなった、尿が出にくくなった、などの症状が見られます。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .