国立前立腺症状スコアによる自己チェック

 前立腺肥大症の診断には自覚症状によるカウンセリングが非常に大事です。そこで、自覚症状をチェックするためにアメリカ泌尿器科学会(AUA)の国際前立腺スコア(IPSS)が役に立ちます。

国際前立腺症状スコア(IPSS)
過去一ヶ月間で、質問に該当する数字を加算して、合計点を出してください。
IPSS.gif
いくつになりましたでしょうか?
合計点数が0〜7点は軽症、8〜19点では中等症、20点以上だと重症という目安になります。
IPSSは初診や治療中のときにも使われる自覚症状チェックシートです。

スポンサードリンク


前立腺研究室について

前立腺研究室は男性の前立腺に関する病気を詳しく調べました。
特に前立腺肥大症は加齢とともにかかりやすい、男性にとっては無視できない病気です。


カテゴリー
当サイトについて
リンク集

Copyright(c) 前立腺肥大症の症状や治療 All rights reserved .